Cura del vinoでは各種グラッパの取扱をしています。


グラッパは、スローフード発祥の国イタリアの、長い歴史と自然、そしてイタリア人の知恵や心が詰まった楽しいお酒です。

グラッパ (grappa)とは、ワインを造った後に残る葡萄の搾り粕を再利用して造るお酒。イタリア特産の蒸留酒でブランデーの一種です。ワインを蒸留して作る一般的なブランデーとは違い、ポマース(ブドウの搾りかす)を発酵させたアルコールを蒸留して作ります。多くは樽熟成を行わないので無色透明ですが、ブドウの香りを程よく残し、アルコール度数は30から60度と高く中には香り付けしたものもあります。... そしてさらに、グラッパを造った後に残った粕は、種から食用オイル、残りは葡萄の樹の肥料や燃料として再々利用したり、時には環境にもやさしいお酒だったりもします。

日本ではその昔から「火酒」などと呼ばれ単なる荒々しい酒と認知されていたり、「粕取りブランデー」とも呼ばれ品質的に低い雑酒として扱われることが多くありましたが、イタリアンリストランテや、ピッツェリア、バール等の出店増に伴いグラッパの知名度も上がり、評価も高くなりました。

よりストレートに葡萄らしくフルーティでありながらアルコールのパンチが効いていて、また葡萄品種により香りも様々なグラッパ。イタリアでは食後にストレートで飲んだり、またエスプレッソと一緒に飲みます。 グラッパの最大の魅力はブランデーやウィスキーのように気取る必要もなく気楽に楽しめることでしょう。

cura del vinoでは様々な地方、葡萄品種のグラッパを取り扱っています。また瓶の形、ラベルも多種多様でその美しさも楽しんで頂けます。 もちろん、お祝いやプレゼントとしてもお薦め致しますよ。

#ワイン#ワインショップ #イタリアワイン #京都ワイン #グラッパ


最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square